小児脳神経外科(子供の頭痛などに対応)

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ 勝川脳神経クリニック
  • 勝川脳神経クリニック 交通アクセス
  • 脳ドック
  • メールでのお問い合わせ 勝川脳神経クリニック
  • 電話でのお問い合わせ
  • 勝川脳神経クリニック 交通アクセス

TOP > 小児脳神経外科(子供の頭痛などに対応)

小児脳神経外科(子供の頭痛などに対応)

当院は、小児脳神経外科にも対応しています

お子さんが、頭の痛みを訴えたり、手足の動きが悪くなったりした時、どこの病院へ行けば良いかわからない時があると思います。当院へはそのような時の窓口として来院していただければと思います。

子供の頭痛の原因と治療について

子どもの頭痛にはいろいろと原因がありますが、最も重要なことは、生命に危険があるような病気であるかどうか?です。つまり、手術をしなければならないようなものが潜んでいるにもかかわらず、検査をしなかったために発見が遅れ、診断された時には手遅れであった、といったことがないように前もって検査を行うことが重要です。

検査の結果、生命に危険があるような病気でなければ、とりあえず一安心となります。その後、その頭痛の原因を考え、時期的なものなのか、環境によるものなのか、経過をみるだけでよいものか、薬が必要なものなのか、などといったことを考えて治療を行っていきます。

小児脳神経外科では、頭の病気だけではなく、脊椎脊髄の病気も治療します

小児脳神経外科の対象となる病気はいろいろとあります。頭の病気だけでなく、脊椎脊髄の病気も治療します。主な治療対象の病気は、脳血管障害、脳腫瘍、脊椎・脊髄、頭部外傷、先天奇形、機能的疾患、炎症性疾患などがあります。これらの病気を見つけるために、当院ではMRIも用いることで、お子さんへの負担を極力軽減した状態で検査を行うことができます。

当院では愛知医科大学脳神経外科の小児脳神経外科・脊椎脊髄疾患を担当している上甲眞宏講師(日本脳神経外科学会専門医、日本小児神経外科学会認定医、日本脊髄外科学会認定医)が特殊外来を行っています。外科的治療が必要となった場合には引き続き愛知医科大学病院で治療を継続することが可能です。その後の経過観察につきましては当院で行うことも可能です。

小児脳神経外科の対象となる病気一覧

小児脳神経外科の病気はいろいろとありますが、主なものとしては以下のようなものがあります。

  • 脳瘤
  • 脊髄髄膜瘤
  • 脊髄脂肪腫
  • 脊髄係留症候群、終糸肥厚、終糸脂肪腫
  •  

    脊髄を安定させるための組織の一つに終糸があります。終糸は脊髄の尾側端から始まり、腰椎の下の仙椎に到達します。終糸は通常弾力性のある組織ですが、脂肪成分や線維成分が多く含まれることにより弾力性が乏しくなる場合が稀にあります。(終糸肥厚・終糸脂肪腫)
    子どもさんは成長が早く、急激に身長が伸びていくため、弾力性が乏しい終糸があると、脊髄全体が相対的に尾側へ引っ張られる状態となり、症状が出現します。(脊髄係留症候群)
    症状は脊髄障害として、足の麻痺、痛み、しびれ、排尿・排便障害などがあります。
    治療法は、引っ張られた終糸を切断し、脊髄の引っ張られた状態を解除します。(脊髄係留解除術)

  • キアリ奇形
  • キアリ奇形は画像上、ⅠからⅣ型まで分類されていますが、主なものとしてⅠ型とⅡ型があります。Ⅰ型は小脳の受け皿となる部分の頭蓋骨が十分に発達していないことが原因となり、頭蓋骨の出口部分を通って小脳が下方へ落ち込み、その結果、脳幹・脊髄を圧迫し、症状が出現します。Ⅱ型は通常、脊髄髄膜瘤を伴っています。
    脊髄髄膜瘤の部分で髄液が排出されることで、小脳・脳幹が頭蓋骨の出口部分を通って下方へ牽引され、その結果、脳幹・脊髄を圧迫し、症状が出現します。
    症状は主なものとして頭痛があります。特にいきんだ時に頭痛が増強します。脊髄空洞を併発した場合には手足の痺れ症状が出現します。
    治療法は、頭蓋骨の出口部分の骨や、脊椎の骨の一部を削り、脳・脊髄を包んでいる硬膜を切開して広げることで、脳幹・脊髄への圧迫を解除します。

  • くも膜嚢胞
  • 頭蓋骨縫合早期癒合症
  • 脊髄空洞症
  • 先天性脊椎疾患
  • 水頭症
  • 脳腫瘍
  • 脳動静脈奇形
  • もやもや病
  • 頭部外傷
などがあります。

Information