エムガルティ(片頭痛発作の発症抑制)

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ 勝川脳神経クリニック
  • 勝川脳神経クリニック 交通アクセス
  • 脳ドック
  • メールでのお問い合わせ 勝川脳神経クリニック
  • 電話でのお問い合わせ
  • 勝川脳神経クリニック 交通アクセス

HOME > Information > エムガルティ(片頭痛発作の発症抑制)

エムガルティ(片頭痛発作の発症抑制)

片頭痛発作の発症抑制『エムガルティ』ってどんなお薬?

『エムガルティ皮下注射(※2)』はトリプタン製剤発売以来20年ぶりに登場した、片頭痛発作の原因とされている“CGRP(※3)”を抑制する新しい片頭痛発作抑制薬(予防治療薬)です。

エムガルティは脳の神経から血管の拡張を引き起こす因子“CGRP”が受容体(受け皿)と結合することを予防し、“CGRP”の本来のはたらきを抑制し、片頭痛発作が起こるのを抑えると考えられています。

エムガルティは予防治療のお薬です

エムガルティは片頭痛発作抑制薬(予防治療薬)で、注射のお薬です。
初回に2本、2ヶ月目から月に1本注射します。
初回に2本注射することによって、お薬の血中濃度が早く安定した状態になります。

『エムガルティ』の効果

・片頭痛日数を減らす
・急性期治療薬を使う日数を減らす
・片頭痛発作を軽くする

このような患者さんにお使い頂けます

・片頭痛発作が月4日以上ある方
・従来の予防薬では効果不十分、あるいは内服が継続できない場合

注釈

(※2)
1. 当面の間は使用可能施設は脳神経専門医等に限定されています。
2. エムガルティは「抗体薬」という飲み薬とは違うタイプのお薬で皮下に注射して、 それが血液中に入り効果を発揮します
3.治験のデータでは、6ヶ月後の効果は頭痛日数が
50%減:59% 75%減:33% 100%減(片頭痛発作なし):11%でした
 使用開始月から効果が出ることもありますが、まず3ヶ月継続して効果がない場合は 中止も考慮します。
4. 治験のデータでは、1ヶ月あたりの片頭痛日数がベースラインから6ヶ月平均で 4.3日減少しました。
5.副作用 
注射部位の痛み・腫れなど 
めまい、蕁麻疹、便秘なども稀に出現
6. 費用
健康保険が適用されます。
3割負担の場合
再診療・注射処置料含め 第1回目(エムガルティ2本):27,550円
再診療・注射処置料含め 第2回目(エムガルティ1本):14,000円

(※3)
CGRPの作用
1、血管拡張作用
2、炎症メディエーターの 産生・分泌促進作用 (神経原性炎症)
3、疼痛伝達亢進作用(侵害受容ニューロンの 直接興奮作用)

ヒト化坑CGRPモノクローナル抗体製剤 『エムガルティ』

2. 禁忌(次の患者には投与しないこと)
本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴を有する患者

3. 組成・性状
販売名
エムガルティ皮下注 120mgオートインジェクター
エムガルティ皮下注 120mgシリンジ
有効成分
1シリンジ1mL中ガルカネズマブ(遺伝子組換え)120mg
添加剤
L-ヒスチジン 0.5mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物 1.5mg
ポリソルベート80 0.5mg
塩化ナトリウム 8.8mg
※本剤はチャイニーズハムスター卵巣細胞を用いて製造される。

3.2 製剤の性状
性状・剤形
無色~微黄色~微褐色の澄明又は わずかに乳白光を呈する液(注射剤)
pH 5.3 6.3
浸透圧比 (生理食塩液に対する比) 約1

4. 効能又は効果
  片頭痛発作の発症抑制

5. 効能又は効果に関連する注意
5.1 十分な診察を実施し、 前兆のある又は前兆のない片頭痛の発作が月に複数回以上発現している、又は慢性片頭痛であることを確認した上で本剤の適用を考慮するこ
。 5.2 最新のガイドライン等を参考に、 非薬物療法、片頭痛発作の急性期治療等を適切に行っても日常生活に支障をきたしている患者にのみ投与すること。

製造販売元 エムガルティ®
日本イーライリリー株式会社 名古屋支店 名古屋市東区東桜1-13-3

Information