アイモビーグ(片頭痛発作の発症抑制)

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ 勝川脳神経クリニック
  • 勝川脳神経クリニック 交通アクセス
  • 脳ドック
  • メールでのお問い合わせ 勝川脳神経クリニック
  • 電話でのお問い合わせ
  • 勝川脳神経クリニック 交通アクセス

HOME > Information > アイモビーグ(片頭痛発作の発症抑制)

アイモビーグ(片頭痛発作の発症抑制)

2021年6月23日承認
2021年8月頃 発売開始予定

初回投与時も継続投与時も1回70㎎(1本)の投与(皮下注)/継続は4週に1回

経緯
アイモビーグ皮下注 70mg ペン」は,2018年、世界で最初に発売された CGRP 製剤です。
治療開始時、再開時においても 4 週間に 1 回 1 本皮下注射し、CGRP 製剤の中でも違った作用を持つ製剤です。

機序
片頭痛の原因とされる CGRP(カルシトニン関連ペプチド)は発作時に多く発現します。
CGRP を必要な分だけ取り込むため、受容体(受け皿)に蓋をすることで片頭痛の発作を抑える製剤です。

使用
お薬を始める時、また再開する時も 4 週間に 1 回 1 本を当院にて注射致します。

効果
①片頭痛の発作回数の減少。
②発作時の内服を減少。
③片頭痛による痛み、日常生活への影響が軽減。

日常生活での期待
片頭痛の発作を減らし、家事、仕事、学校での生活を快適にすることを期待します。

アイモビーグの特徴

①5年の長期投与試験により安全性が確認(※1)

②反復性片頭痛患者様における64週後の片頭痛日数50%減少率は64.8%

(※1)主な副作用として、注射部位のかゆみや赤み、便秘の報告

Information